月別: 2014年12月

高齢出産のリスク

Posted on 2014年12月29日  in 女性の身体のこと

高齢出産という言葉は医学用語ではなく、正式には「高年初産婦」、35歳以上の初産婦をこのように呼びます。
高齢で子供を産む時にリスクを考えることもあるでしょう。
35歳を境に急にハイリスクになるわけではないですが、25~34歳の女性に比較して、妊娠・出産時のトラブルが起こりやすくなるというのは確かです。
そのため35歳以降の出産には注意が必要だと考えられているのですね。
具体的なリスクとしては、染色体異常や流産の可能性が高くなります。
心配しすぎはよくありませんが、元気な赤ちゃんを産むためにも、高年妊娠・出産の注意点を知っておくことが大切です。
年齢とともに流産率は上昇
妊娠初期の流産のほとんどは受精卵の染色体異常が原因です。
妊婦さんの年齢が上がるにつれて流産率が高くなっていくのは確かなことです。
これは女性がもともと持っている卵子細胞が老化していくためです。
加齢とともに卵子も衰えていくのです。
染色体異常による流産は一種の自然淘汰なので、避けることはできません。
妊婦さん自身に原因があるわけではないので、自分を責めないようにしましょう。
妊娠12週を過ぎて胎盤が完成に近づけば、年齢を問わず、流産のリスクはかなり低くなってきます。

[Top]

月別: 2014年12月

黒ずみも気になるところ

Posted on 2014年12月17日  in お肌のこと

脇毛の処理は女性には常識ですが、脇のムダ毛がなくなったあとの「黒ずみ」もなんとかしたいですよね。せっかく毛の処理をしても脇に黒ずみがあると、なんだか不潔な感じに見られてしまいそうです。悩みを持っていても人には相談しづらい場所のことでもありますし、神経質になってしまいますね。

脇やデリケートゾーンは自己処理の回数も増えてしまいがちなところですから、どうしても色素沈着が起こりがち
です。美容外科やクリニックに相談すると、黒ずみ解消のためのクリームを処方してもらえることもあります。またレーザー治療によって改善されることもあるようです。

黒ずみができる原因は「乾燥」です。
脇は汗をかきやすいので、乾燥していると考えることも少ないと思いますが、とてもインナードライが起こりやすい場所なのです。つまり改善策を取るにしても皮膚の外側だけではなく、内側までしっかりと潤いを届けてあげる必要があるのです。潤い成分を深部にまで浸透させることができれば、肌を健康な状態に戻すことができ、色素沈着も治りやすいのです。

そこで使うべきなのは「ピューレパール」などの黒ずみ対策専用のケア製品です。分厚くなってしまった角質を薄くする効果があり、徐々に解消されてきたという使用者の感想が多い商品ですから、その効果は期待できるのではないでしょうか。ナノ化することで普通の保湿成分の二倍の効果がでるので、黒ずみの原因をブロックしてくれます。メラニンを抑制する美容成分も豊富に含まれています。

[Top]

月別: 2014年12月

痩せる人は痩せるものです

Posted on 2014年12月15日  in ダイエットのこと

会社の先輩、1年前に県外に転勤になった先輩なんですが、久々にあったら痩せてキレイになっていてびっくり!
別人かと思っちゃいました。

聞いてみるとダイエットに成功、7キロくらい減量したそうです。
7キロはスゴイ!
一体どうやって?と思って質問したら「ランニングと酵素」でダイエットしたとのことでした。

酵素ダイエット・・・噂どうりに効果あるんですね。
わたしも一度チャレンジしたけど、あの味がダメで3日でギブアップ・・・。効果を感じる以前にやめてしまいました。

そのことを先輩に話したところ「おいしくて飲みやすい酵素があるから教えてあげるよ」というふうに言われて。
おいしいなら続けられるかも、ということで再チャレンジ中なのです。その酵素ドリンクは確かにおいしい。これなら飲みにくくてダメって人はいないのかも。口にするものだから味ってやっぱり大切ですよね。

先輩には「やっぱり運動しながらだと痩せやすいよ」とは言われたんですが、私は運動の方も三日坊主なんですよね、これが。

[Top]